【未然に回避できる病気】緑内障の初期治療を受けよう

年齢とともに気になる目

ウーマン

気になる黒い点がある場合

飛蚊症は可が飛んでいるような黒い点が見えるようになる目の疾患です。目の水晶体はほとんどが水分ですが、一部には繊維も含まれています。この繊維は若い時には透明になっているのですが、年齢とともに透明感が失われていきます。その結果、繊維の固まりのようなものが出来て黒い点が見えるようになると原因が公表されています。ほとんどは加齢によって起こるものなので問題ありませんが、他の目の疾患の前触れになっている可能性もあるので検査をすると安心です。網膜裂孔や剥離、ガラス対処出血、そしてぶどう膜炎の前兆として飛蚊症が起こる場合もあります。眼科の検査で発見してしまえば、最近の画期的な治療方法で治療は可能になりました。発見が早いほど高い治療効果が望めるので、早めに受信し治療を始めることが推奨されています。そして、これらの疾患の前兆ではない場合、生理的飛蚊症、つまり年齢によるものなので特に治療は必要なく、経過観察だけで済むケースが多いです。自覚症状は、虫が飛んでいるような点が目を動かしても動きとともに移動する、または黒い線やリングのようになっている黒い影が見えることです。気が付いた時点で、迅速に眼科の受診をすると、不安を解消して治療を早期に開始できるメリットがあります。飛蚊症の検査自体は簡単ですがいくつかの注意点があります。動向を開く目薬を使用するので、薬の効果が切れる5〜8時間の間はまぶしく感じるでしょう。サングラスや帽子を持参する他、車で医療機関に行かないように説明を受けます。ピントがぼやけたような状態になるので、転倒にも注意が必要です。

Copyright© 2018 【未然に回避できる病気】緑内障の初期治療を受けよう All Rights Reserved.