【未然に回避できる病気】緑内障の初期治療を受けよう

知っておきたい基礎知識

目

原因と治療方法

近年眼科において緑内障患者が増えてきていますが、どういった症状があるのか又はどのように治療していけば良いのかということがまだまだ周知されていません。ですが、緑内障は放置しておくことができないものです。その理由は放置してしまうと失明してしまうことがありますので、放置してはいけません。まず、このことは知っておきましょう。緑内障は、原因と治療方法に関しては最低限基礎知識として知っておきたいです。緑内障の原因には、眼圧となります。眼圧というのは、いわば眼球の中の圧力のことを言います。眼圧が高ければ高いほど眼球の状態が硬いということになります。そして、眼圧が高まることにより眼の視神経に障害を起こします。その影響で眼が見えづらい状態になります。つまり、見える範囲が狭くなるというのが緑内障の症状となります。なお、緑内障には急性と慢性の2つの病名があります。前者は急性緑内障であり後者は慢性緑内障と言います。症状として前者は眼圧が急激に上昇することで目に激痛が生じます。また頭痛や嘔吐の症状もあります。一方後者は長い年月を経て視野の暗点や狭窄がしだいに生じてきます、急性緑内障とは違って際立った痛みなどの症状がないことから自覚症状がないことが特徴です。最後に眼科での治療方法ですが、それは原因である眼圧を下げることが一番の治療方法となります。そのために、点眼薬で眼圧を下げるのが基本です。なお、点眼薬でも治療が難しいと判断した場合には、レーザーによる治療や手術といった方法が取られます。

Copyright© 2018 【未然に回避できる病気】緑内障の初期治療を受けよう All Rights Reserved.