【未然に回避できる病気】緑内障の初期治療を受けよう

年齢とともに気になる目

ウーマン

年齢とともに気になる目のトラブルに飛蚊症が挙げられています。多くは生理現象として起こりますが、他の疾患の前兆になっている可能性もあるので、早めに眼科を受診すると安心して過ごせるようになります。注意点を理解して検査を受けましょう。

詳しく見る

知っておきたい基礎知識

目

緑内障は放置をしてしまうと失明になる可能性がある病気となりますので、放置することは絶対に避けることが大切です。放置しないためにも、緑内障の原因と治療方法に関しての基礎知識は最低限知っておく必要があります。

詳しく見る

40才をすぎたら視野検査

眼球

症状が進行する前に

テレビなどで緑内障という病気の名前を聞いても、まだまだ自分には関係ないと考えるケースも多いです。しかし、年齢を重ねると発症する確率が高くなるため、40才を過ぎたら定期的に目の検査をしてもらったほうがよいでしょう。緑内障は視野に問題が発生する病気で、以前ならばしっかりと見えていた箇所が、どんどんと黒くなっていきます。その症状を視野欠けといって、緑内障がとてもやっかいな病気だといわれている原因といえるでしょう。そして、一度視野が欠けてしまうと、現在の医学では二度と元には戻らないため、緑内障は早めに治療を始めることが大切です。しかし、軽度の視野欠けならば、日常生活ではまったく問題がないため、自身では症状に気がつかない可能性があります。気がついた頃にはかなり症状が進行している可能性があるため、そうならないうちに発見してもらう必要があるのです。したがって、たとえ身に覚えがなくても、眼科に通院して、定期的に緑内障かどうかを診てもらわなければいけません。なお、緑内障は眼科としてはメジャーな病気なので、ある程度の規模の医療施設なら、問題なく検査を受けられる可能性が高いです。そのため、かかりつけの眼科があるのなら、まずはそちらで検査ができないか聞いてみましょう。そのままそこで検査をおこなえるのならよいですが、できないというのなら、別の眼科を探す必要があります。ネットで緑内障というワードで調べれば、簡単に見つけられますので、そちらでしっかりと視野検査をしてもらいましょう。また、加齢により飛蚊症が起こるケースもあります。飛蚊症は、眼球の病気ではありませんが、病気に繋がる症状の為、視界に違和感がでたらすぐに眼科を受診しましょう。そうすることで、早期発見早期治療に繋がります。

Copyright© 2018 【未然に回避できる病気】緑内障の初期治療を受けよう All Rights Reserved.